宗教と法

 

このページの目次:
Ⅰ 宗教と法
Ⅱ 宗教の法
Ⅲ 信教の自由
Ⅳ 聖俗の分離
Ⅴ 宗教非課税の原則
Ⅵ 宗教と国家
Ⅶ 宗教と社会
Ⅷ 宗教と倫理

 

 

Ⅰ 宗教と法

 1 神と法

    ⑴ 古代エジプト

神オシリスが、人々に文明をもたらし、法を定め、神信仰を勧奨。
BC3400年頃、南北統一王朝のメネス王に、ヘルメス神が「法」を授与。

    ⑵ 古代バビロン

太陽神シャマシュが、ハンムラピ王に「法」を授与。「ハンムラピ法典」

    ⑶ 古代ギリシャ

最高神ゼウスが「法」を付与。
「法」を意味する語は、「テミス」「ディケ」「ノモス」。
「テミス」は、神の叡智を表し、「法なるが故に正義なり」。
「ディケ」は、暴力に対抗し、「正義なるものが法なり」。
「ノモス」は、神が人間に課した規則。

    ⑷ 古代ローマ

古代ローマでは、「法」は「正義の実現」を目的とする「神の意思」と理解。
法の解釈を誤ると神の意思を損なうので、「法の解釈」は「神官」の仕事。
「文字通り」に法を適用する形式主義から、法の解釈による神の真意を求め、正義の実現を求める実質主義に。

    ⑸ 中南米の文明

インカ帝国では、神々の中の神ピラコチャが、人々に知識・技術を与え、「法」を付与。
アステカ文明では、ケツアルコアートル神が「法」を制定。
マヤ文明では、ククルカン神が「法」を制定。

    ⑹ 猶太教・基督教・イスラーム

「トーラー(法)」。

    ⑺ ヒンドゥ教・仏教

「仏法」「戒律」

    ⑻ 神社神道

神の意思を窺う「神判」が、女王卑弥呼ら巫女の手に。
「祝詞(のりと)」は、神からの託宣である「法(のり)」を意味。

 

 2 神学と法学

Ⅱ 宗教の法

 1 基督教

 2 仏教

 3 神道

 4 イスラーム

 5 諸宗教

Ⅲ 「信教の自由」

 1 個人の「信教の自由」

 2 信者の「信教の自由」

 3 宗教職・宗教専門職の「信教の自由」

 4 宗教団体の「信教の自由」

Ⅳ 「聖俗の分離」

 1 宗教と国家

 2 宗教団体と営利企業

 3 宗教法人と会社・法人

Ⅴ 宗教非課税の原則

 1 宗教の聖性

 2 宗教の非営利性

 3 信教の自由の保障

Ⅵ 宗教と国家

Ⅶ 宗教と社会

Ⅷ 宗教と倫理

 

論文

櫻井圀郎「キリスト教法理学序説」(東京基督神学校)
櫻井圀郎「」
櫻井圀郎「日本社会と神の法」『神と世界と日本と』(共立基督教研究所)
櫻井圀郎「日本における法と信仰」『神と世界と日本と』(共立基督教研究所)
櫻井圀郎「神の世界とキリスト者」『神と世界と日本と』(共立基督教研究所)
櫻井圀郎「聖書の信仰と日本人の法意識」(東京キリスト教学園)
櫻井圀郎「」
櫻井圀郎「」
Kunio Sakurai, Law and Charisma in the Reformed Ecclesiology( Fuller Theological Seminary)
Kunio Sakurai, Law, Legal Thought and Missions in Evangelical Dictionary of the World Missions (Baker)